ずぼら日常。

日常/脱金欠/家活

贈り物と気持ち。

この間買った自分用のお土産です。

ピンクのティッシュケースと黄色のポーチ、とってもお気に入りなのですが、カフェラテで汚れ、手洗いをしたら、縮み使えなくなりショックを抱きました。

3日間、ありがとう。
もっと丁寧に扱うべきだった。反省。

心を落ち着かせるために、奈良で買った葛湯を飲みました。



美味しいわね。
また癒されようと思います。

そうそう、葛湯のお供に祇園で買った可愛いクッキーも食べました。

ちなみに、職場でも新年度の挨拶がてら買ったのですがすぐなくなりました。
美味しかったから、私も一気食べしました。

次の日は、こたべを食べました。

やはり、おたべですね。
可愛らしい京都土産です。

父母には、京ばぁむをお土産にしました。


とっても、しっとりしていて、抹茶の香りが口に広がりとても美味しいです。
これは、また買いたい!

姉と幼馴染と仲の良い先輩には、ならまちにあった、ひよりというお店のあぶらとり紙と、祇園のマイコトというクッキー(だるまのクッキーと抹茶のクッキー)をお土産にしました。

姉のお土産には、下鴨神社のお守りも入っています。仕事も恋も素敵な縁でさらに繋がれるようにね!

さてさて、お土産ですが人のも考えますが自分用も買ってしまいます。
京都では、いつも清水焼の陶器、お香をよく買っていました。

自分用にはフィーリングで買ってしまいます。
大切な人へのお土産とかも選ぶのが楽しみです。

その人の喜ぶ姿を想像していつも買うようにしています。

祖父母には、東京駅の和菓子のお土産を買いました。

キラキラしてるでしょ?最中も買いました。

やはり、プレゼントやお土産、差し入れは嬉しいものです。
職場ではケーキの差し入れを以前いただきました。

うん、うれしい!!

姉もたまにプレゼントをくれます。

これは、バレンタインの時。
優しい姉ですね。

高校時代の友達が就職した時も、プレゼント選びは楽しかったです。

奮発しました(笑)
意味ももちろん込めてね。

母の誕生日も、毎年同じ内容のものをプレゼントしますが、祝えることや感謝の言葉を伝えられるから良い機会です。

姉からは、前青森に行った時の津軽びいどろも頂きました。

「美しくて素敵だったから」
そういう気持ちで選んでくれたそうです。

そういえば、姉の同期さんからも海外のお土産を頂きました。

気にかけてくれてありがたいです。
私も、ハワイのお土産は友達、家族、親戚、職場と思いつく大切な人に買いました。

父の日や母の日にも、なるべく感謝を伝えるようにしています。

そして幼馴染に今日、お誕生日プレゼントを渡しました。
疲れてるとよく聞くのでバスタイムで癒しの時間のお供ができるよう、ザボンバスソルトをプレゼントしました。

誰かに何かを贈る時、もしくは私に贈り物が来る時、共通していることは相手を思っていることですね。

出費が痛いときはあるけど、でもそれ以上のことが感じとれますね。

もちろん、自分用は自分を高めるためですけどね。

大切にしたいです、贈り物。
いつかいつかでは、きっとできないからね。
感謝や気持ちはなるべく表現していきたい。

Fine.