読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼら日常。

日常/脱金欠/家活

色と東京。

「東京」

日本の首都である東京。
夢を追いかける東京。
生活する東京。
希望を持ってやってきた東京。
疲れた東京。
刺激的な東京。
眠らない東京。

東京と聞いて、どう感じますか?

幼い時は、東京と聞くと都会!憧れ!とか思っていました。

高校生時代は住みたい東京とか夢を叶える東京とか思っていました。

今は生活の東京、誘惑の東京と思っています。
あと勝手にパートナーと出会う東京としています。


東京は、コンクリートでつくられたビルがそびえ立つコンクリートジャングル。

横を見てもグレー。
下を見てもグレー。
雨が降ると空までグレー。

グレーがよく似合う東京です。

人情もなさそうで、冷たそうな、そんな感じもします。
けれども、一生懸命何かのために働いたり活動したりしている街でもあります。

夜になれば、残業の光、生活の光、弾けるような光と光で満ち溢れます。

時には、押しつぶされそうになったり、誘惑に負けたり、出会いを求めて、夜の街に繰り出し、甘いことも苦いこともある東京。

お酒の力を借りて解放的になったり感情的になったりとある意味本音が言える場所がある東京。

寝たくない夜でも遊べてしまう東京。

時に、感性を磨くための場所がある東京。

デジタルな最新技術がある東京。


ある時は、季節を感じたくなる東京。

世界や地域の玄関でもある東京。

美味しい料理やスイーツ、お酒に出会えるグルメな東京。

1人という生活に自分らしさを出していく東京。

時に、生活や仕事が辛く心が折れそうになる。
けれども、少しずつ前を進む。
色々な刺激や人との関わりを感じて成長できる東京。

東京という街に住み、生活している。
何でもある街、東京。
お金があれざいくらでも遊べる東京。
美しくなれる東京。
いつか、好きな人と出会えるであろう東京。



けれども。

いつか、こう言う風に言う日が来るだろう。
東京は、色んなことをひっくるめて思い出の詰まった街であったと言うだろう。

まだまだ、東京歴3年目。
この先もどんなドラマが起きるだろか。

色々な人や事柄、生活や仕事で得たものが人生に活かせるように、今日も生きていこう。


(※要約:東京での一人暮らし3年目に突入。3年間で体感した東京という街を述べた記事です)

Fine.