読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼら日常。

日常/脱金欠/家活

読書と家。

今日は、家で読書をしようと決めた日です。
昨日買った本を読みました。

起きたのは9時。
朝ごはんを食べました。

あとついでに布団干しと洗濯と部屋の床掃除をしました。

さぁ、これで集中できますね!

ちなみに、漫画とファッション誌は昨日のうちに見ました。
君に届けは私が高校生の頃から連載していた気がします。
2人のペースのゆっくりさに、私もいつの間にか2人の年を越しました。

さてさて、今回は百田尚樹さんのPHP新書、日本語について語られている雑誌、岩瀬大輔さんの本を読みました。

今日はこの3冊をゆっくり読みます。
百田尚樹さんの本は、昨日から半分読んでおり、続きからです。

話の構成だとか勉強になりましたね。
あと、話に吸い込まれます。
百田尚樹さんの小説は何冊かもっていますがどれもドキドキさせられます。

色々な話もあったので面白く一気に読めました。

次に読んだのが雑誌です。

敬語だとか、苦手ですね。
語彙もあまり知らない。
けれども、この雑誌を通して日本語の美しさ、語彙、日本文学の表現、書字、話し方(落語など)色々な特殊があり、一語一句逃さず見ました。

ステップ4のページに突入したときは、文書(おかしな敬語の例題)に違和感を感じられたのだから、少しは成長したかしら?

初めて、雑誌を一語一句逃さず読みました。
この雑誌は、もう永久保存にします(笑)

「貴重なご意見、ありがとうございます。」

読み終えたのが14時頃。
お昼休憩です。

久々のカレーです。
昼過ぎだし、布団も取り込みました。

さぁ、読書の続きです。

私もこの四月で社会人3年目となります。
初心に戻りましょう。
私の職種はビジネスというよりかはどちらかというと大きく分ければサービス系になるのでしょう。

しかしながら、社会人としての基礎は同じだと思います。
どんな職種であれ、やはり「人」としてしっかりしないければなりません。
また、仕事や人間関係の気づき方も自分次第だと思います。

とても、勉強になりました。

なぜ、今回、こんなにも日本語のことだとか話し方だとかコミュニケーションだとかの本を手にして読んだのだろうか。

仕事を通し、やはりコミュニケーションが1番大切なのではと常々思っています。

特に私の仕事はコミュニケーション命なとこもあります。
もちろん、大切な技術、観察力もあります。
けれども、やはりコミュニケーションがなければ、人を知ることはできないですし、個別性が生かせられません。
また、ニーズに合うものの提供もできません。

だからこそ、コミュニケーションは大切です。
今回、たった3冊かもしれませんが、表現だとか、話し方だとか勉強になりました。

もう一回読み返し、自分の会話だとかコミュニケーションに取り入れていきたいものです。
そして自然と使えるようになりたいです。

あと、コミュニケーションをとるにあたり、タッチングやボディーランゲージも大切だよなと仕事を通し思います。

話しだけでなく、いかに安心を与えられるか、不安など気持ちを吐露してくれるのか、それを引き出せるのもやはりコミュニケーション力かなと思います。(信頼関係ですね。)

今の仕事を通し、特にこのコミュニケーションに興味を持てたので、ゆっくり深めていこうかなとか思いました。

まぁ、それと共に専門職なのもあるので知識や技術も増やさねばならんのですけどね。

三年目も頑張っていきましょう!

まぁ、そんなこんなで夕方になりました。
明日から仕事です。

とりあえず弁当をつくり、夜ご飯を作りました。弁当に関してはもう、女の子の弁当ではないですね。けども、お腹が空くので力が出るものにせねばです。

さぁ、あとはゆっくり風呂入って寝ましょう!

今日は自分が何に興味を持っているのかわかったし少し日本語のことも勉強できたので充実した日になりました。

これこそ、家充!

Fine.