ずぼら日常。

日常/脱金欠/家活

気まぐれと美術。

友達と別れた後の話です。
上野駅にいたので、折角なので美術館にでも行くかと思い、国立西洋美術館へ足を運びました。

シャセリオー展です。
シャセリオーはロマン派の芸術家らしく、壁画も特化していたようですね。

私は、美術の印象派だとかロマン派だとか全く理解をしていないので今度調べてみようかと思います。

シャセリオーの絵を見て、絵の中の人が生きているかのように見えました。
書き方によって、その人がどういう性格をしていそうなのかとかも感じられました。
あと生と死の世界の表現も心を奪われました。
血が生きかよう人を表現するっていうのも難しいけれども、血が生きかよっていない人の表現も素晴らしい。

今回は1人で美術館に行ったので、シャセリオーの生い立ち、絵の説明を自分のペースでゆっくり見て、絵を感じることが出来たので、有意義でした。

また、シャセリオーは旅行にでかけてはそこで刺激をもらい作品に反映しているという話を聞きました。 旅をする意には何かを表現することとかにも繋がるんだなと思いました。
私も色々刺激をいただこう(笑)

シャセリオー展の後には、常設展にも生きました。

色彩が美しい絵があり作者を見るとルノワールでした。
私は、ルノワールの色彩が鮮やかで繊細で美しく好きです。家にも飾ってしまいます。

中々、美術館に行こうとなると腰が重く行けないけども、やはり良いものですね。

その後は、文化会館に行き、やっているコンサートがないか見ましたが、お金も手持ちがなく断念しました。

お天気も良いので上野公園内を散歩です。

寒桜が咲いていました。
お花見シーズンも、あと少しですね。
今年こそはお花見をしたいですね。

そんなことを思いながら不忍池までトコトコあるきました。

あひるボートもたくさん池で泳いでいましたね。

ゆりかもめとか鳩とか鴨とか色々な鳥もいたのでゆっくり歩きながらバードウオッチングもしました。

ゆりかもめをメインに見ましたが、可愛らしい顔をしていますね。
じっとして動かないのです。
まるで「寒いわぁ、寒いわぁ」と言ってるかのように身を縮めていました。

思わず、池の上に突っ立っている棒の上にいるから寒いんだろ!とか、思ってしまいましたね。はい、どうでも良いですね…(笑)
1人でノリツッコミをしていました。

昼も抜いていたのでさすがに15時頃、お腹が空きすぎました。

上野駅に戻るよりもはや湯島駅のが近いので湯島駅の近くにあるドトールでランチタイム。

生き返りました、ミラノサンド。
本当はどっか行きたいという欲もありましたが特に行きたいとこもなく、天気も曇ってきたので帰りました。

最寄りにつき、本屋で本や雑誌、漫画を買い帰りました。
本を買いながら「明日は読書Dayにしよ」と脳裏に浮かびました。
明日は部屋から一歩も外に出ないで済むようにしようという思考になり、スーパーへ行き食料を買いました。

夜は昨日の残りとプラスで買ってきたものにし、ゆっくり風呂に入り寝ました。

今日も、気まぐれに決めて行きましたが結果的に充実していました。

Fine.